家具の紹介
TVボード

私、お気に入りの木工作家佐々木さんにTVボードをつくって頂きました。

今回の材料は、木の格子の色に合わせてメープルの突き板で製作していただいてます。

いつも空間にあわせていい感じに仕上げて下さいます。

今回は、R角の壁にあわせて、家具の角も少しR面処理を施していただいてます。うれしい心配りです。

製作:佐々木 拓也(木工)

座卓&テーブル

寝かすと座卓、起こすとテーブルに

なる2WAY家具。

来客時にちょっとかえてみたり、

色々楽しんでいただけそうです。

デザイン上、座卓時に脚の小口が気になる部分であり、今回、アジャスタ部分に木をあしらってみました。(座卓時にはくるくる回して収納出来ます。)

脚 :黒皮付き鉄脚

天板:マカバ

設計:東山 明

製作:佐々木 拓也(木工)

   山中 博貴(鉄工)

TVボード

木工作家の佐々木さんにTVボード

をつくって頂きました。

テーブルにあわせて頂けて、

とてもいい雰囲気です。

横には、鉄のヤマナカ氏のコンセント

プレートがついています。

製作:佐々木 拓也(木工)

子供の机

久しぶりに自作です。

長男の小学校入学にあわせて、奮闘。

家内より、キッチンから勉強を見てあげられる場所にとの要望があり、早速机をネット検索。無垢の木で、なかなか寸法にあう家具も見あたらず、また木の机は本棚も入れると結構いい値段するんですね。(6〜10万超ひょえ〜っ!)

そこで、ここは一つ、一石三鳥ほど狙って、下の子の分もあわせて、2つ分の机を安く、ぴったり合うデザインで一気につくってしまおう計画を練る。まずは、誰でも調達出来る材料から選ぶべくホームセンターへ。現地で価格と材料寸法を抑えいざ設計へ。設計は難なく出来たが、この後、丸鋸15年ぶり、トリマー初挑戦という未知なる世界が待ちかまえてました。

孤軍奮闘。約1週間ほど製作に費やしてしまいました。

机天板 :ラジアータパイン集成600*2440*30   机脚  :パイン材、SPF材        天板フレーム:赤松の胴縁材         引出面板:杉板 、引出箱:桐板12mm   引出底板:シナベニヤ            本棚  :ラジアータパイン集成厚24、SPF材

椅子は、すこしこだわって、桐の椅子を購入。軽くて子供もお気に入りです。(さすがにこれは作れない。)

製作費  :約4万円(材料、金物他)

設計・製作:東山 明
椅 子

歯科医院の待合室用の椅子。

材質はタモです。

予約制で、患者が常時6人すわれる程度あればいいとのことでしたので、ベンチ風の独立型椅子6脚を計画し、座面幅は、用途上、連れ添いの方がこられても一緒に座れることを想定したゆったり座れる寸法にしております。

作り手は家具作家のもりざわさんです。

休憩ベンチ 兼 物産品展示台

今田町商工会館 展示室

デッキチェアーとテーブル

レストラン たき屋の外部テラス

外で美しい夕日を見ながらの食事は最高だと思います。

鉄の作家の近藤さんと共同製作

デッキチェアー

レストラン たき屋の外部テラス

鉄の作家の近藤さんと共同製作

バーベキュー台

レストラン たき屋の外部テラス

宇宙船屋台号といった感じのちょっとかわったユニークなバーベキュー台。見ているだけで楽しくなります。土部分の製作過程を自力建設コーナー(家具をつくる)に載せてますので、よろしければ見てください。

鉄の作家の近藤さんの作品

  鉄部   近藤さん

  木部手伝 田中さん

  土部手伝 東山、北村ご夫妻

スツール

N邸食堂のスツール

くるくるの背もたれが、かわいらしい。

  

カフェテーブル

K邸のカフェテーブル

現場で、杉の床板の端材が何枚か捨ててあったので、もったいなく思い、これを使ってお施主さんに、小さなテーブルをプレゼントしようと思いつき、ついついつくってしまいました。 ちょっと窓台に腰掛けて、好きなコーヒーでも飲みながらくつろがれてるイメージが浮かびません?。

製作  東山

材料代 0円 天版:現場の杉板の余り

       脚 :実家にあった稲木を拝借